いくつになっても毎日を楽しめるカラダへ
からだLAB たかひら整骨院
当院について

骨盤調整に行く前に知っておいて欲しい事|長崎のまちの整体・整骨院【からだLABたかひら整骨院】

どうも。まだまだ日曜日に参加した Superfly のライブの余韻から抜け出せずにいるいんちょーです。

かなうならば毎日でも彼女のLIVEに浸っていたいと思うのですが、それでは彼女の身体が悲鳴を上げてしまうと思いますので、そんな個人のわがままは心の奥底にしまっておいて…。もちろん来月発売されるアルバムのツアーでもあれば絶対に参加しますけどね!

さてさて。思い出話と妄想はこの辺りまでにして…。

今日は「骨盤」の話でもしようかと思います。

実は、そのSuperflyがLIVEで歌う姿を見ながら感じた事がありまして今回は骨盤の話をしてみようかと思いました。

喉の調子を悪くしてしまい1年ほど休養していた彼女なのですが、トレードマークだった長い髪をバッサリ切ってショートヘアになって復活した際に、以前にもまして高い音域の声が伸びやかになっていました。

なんでかなぁ…なんて休養前のLIVE映像などを見返していて「あぁ、骨盤が安定したね〜」と感じたからです。そして先日のライブを見たときに、すんげぇ地に足がついてどっしり腰が据わっているように見えたんのです。多分、今の方がより力が抜けた状態で声が出せてるのかな?と感じました。よほど良い身体のケアが今はできてるのかな?と安心しました。どういうケアをしているのかは定かでありませんが、綺麗に骨盤が整っているように見えました。

LIVEを見ていても、その歌い手の身体の癖や状態を観察してしまうのは、これはもう職業病としか言いようがありません。

彼女のようにステージを動き回りながら歌うことにおいては、まずその土台は足なのですが、遠くに届くような発声をするためには土台の足に加えて骨盤の安定性は欠かせない要素のように感じます。音楽の授業の時などに声を出す、あるいは歌を歌うときに指導をされることは「腹から声をだす」ということですよね。今回のステージでは、それが見事に体現されていたように感じます。

これからも、彼女の活躍がますます期待できます。一ファンとして非常に楽しみです。

さて、世の中「骨盤」に対して誤解してないかい?

もう随分と時間は経ってしまったが、ぼくらがお仕事としている整体・整骨院の業界では「骨盤矯正」というある種の神話が確立してしまいました。

  • その腰痛は骨盤が原因です!
  • 下腹部ぽっこりは骨盤の歪みを矯正すれば治ります!
  • 腰のクビレを骨盤矯正で出しましょう!
  • 便秘や・整理不順は骨盤の歪みが原因です!
  • そのO脚の原因は骨盤にあり!
  • 産後の骨盤矯正!

これくらいの文言は、整体・整骨院の業界では常套句ですよね(苦笑)皆さんもこれくらいの謳い文句や説明文はどこかで目にした事があるでしょう。

何でもかんでも骨盤のせいです!と誤解を与えかねないような説明が世の中には溢れています。僕らの業界だけならまだしも、雑誌やTVのメディアでも骨盤のことはかなり取り上げられています。

おかげさまで、当院へ来ていただいた方の中にも「腰が痛いんですけど、骨盤がずれている気がして…」とか、「他の〇〇というところで、骨盤がずれているから矯正しましょうと言われ回数券を買ったのですけど治らなくて…」なんて事があったりします。

情報の刷り込みって怖いですよね。思い込み・ある種の強迫観念によって出現してしまっている症状ってのもかなりある気がしています。

上記に挙げたような〇〇の原因は骨盤にあり!とかいう情報は、全部が全部そうではないという事は知っておいて欲しい事なのです。もちろん、検査や鑑別の結果で骨盤にその原因があるのではないかと判断することもあります。

しかし、骨盤からは遠く離れた場所が原因で起こる腰痛があったり、O脚があったり、そもそも骨盤の歪み自体が骨盤に原因がなかったりする場合があるのも事実です。

そもそも骨盤は簡単にズレるもんじゃございません。

よく骨盤がズレる、歪むなどと表現されますが…。

僕らの業界に限らず、医学界の中でもこの骨盤がズレる・歪むことに関しては長年の間、議論の対象となっています。ズレる・歪むという方もいれば、そもそも骨盤がズレるわけがねぇじゃねーか!という方もいます。さてどうなんでしょう?

下の図を見てみましょう。

どーんと出してみました。皆さんがご存知の骨盤です。

骨盤を構成する骨(寛骨と仙骨)とそれらを補強しつなぎ合わせている靭帯を前からと後ろから見たものをそれぞれ描き記したものです。

これを見てどう感じます?

ぼくらは、整体の専門学校時代に骨盤はズレるものとして教えられたりもしました。しかし、学校を卒業してから、色んなセミナーに参加するようになる頃には、骨盤なんてこんなにがっつりと靭帯で補強されているのにズレるわけないじゃないか!という意見も聞く事ができました。

ぼく自身も、上の図のような解剖学のイラストや文献を読み漁り、実際に触れてみたり、その道の達人と言われる先生方にいろんな質問もぶつけたりしてみました。

そして、自分なりに出した結論は。。。。

確かに、骨盤は簡単にズレるほどヤワじゃない!

けど、何だかズレているように感じることもある。

というものです。何だかボヤ〜っとしてますね(笑)

だけどそれが、ぼくにとって今現在感じることなんです。

その理由は、次回の投稿で。。。

<つづく>

今回の参考文献です。同業の先生方、今国家試験に備え勉強中という学生さん。少なくともプロメテウスくらいは全巻揃えておきましょうね。